トピックス

TOPICS

[ ENGLISH ] Outline of the FESTIVAL

TOBIU ART COMMUNITY which is made up of lots of artists decided to hold the TOBIU ART FESTIVAL 2019 in September 2019.
The festival will have two main activities for comers to enjoy. One is an art festival which will be from 2019, September 7 to September 15.
The other is TOBIU CAMP which will last in 2 days from September 7 to 8.
Comers will feel the mysterious atmosphere of art during the camping night on the venue as well as participating art performances.
The festival will include a lot of art performances such as music performances, art performances, dances, story-telling, play performances, puppet shows and creative workshops and so on.
The festival will satisfy all adults and children.

1. TOBIU ART FESTIVAL
- Date: 2019.9.7 (Sat) to 2019.9.15 (Sun)
- Time: 10:00 to 16:00
- Venue: TOBIU Art Community School Building and the nearby forest
(Hokkaido, Shiraoi gun, Shiraoi Cho, Takeura 520)
- Entrance fee: The comer decides how much to donate. Free for high school students and below.

2. TOBIU CAMP
- Date: 2019.9.7 (Sat) to 2019.9.8 (Sun)
- Time: 12:00 on 2019.9.7 to 14:00 on 2019.9.8 on schedule
- Entrance fee ticket:
+ 3,900 JPY (These precedent discount tickets are for sale from 2019.6.1 to 2019.6.30)
+ 4,500 JPY (These common advance tickets are for sale from 2019.7.1 on schedule. The tickets sold in any ticket sale spots in Shiraoi town will cost only 4,000 JPY)
+ 5,500 JPY on the event date.
+ 3,000 JPY for university students (Student cards will be asked to show to enter the venue)
+ Free for high school students and below
+ 1,500 JPY in case of entering the venue camp after 6 am on 2019.9.8
- Free parking lot.

CLOSE

ダンスカンパニーOrganWorksによるダンス公演 飛生芸術祭「町の屋根」  

ダンスカンパニーOrganWorksによるダンス公演 
飛生芸術祭「町の屋根」   

たくさんの方にご来場いただき、たくさんの拍手の中で無事に終演いたしました。 
誠にありがとうございました。     

この作品は昨年度に引き続き、近隣住民の皆さんにお話を聞いて創り上げた作品です。 
昨年は「まちについて」の作品でしたが、今年は「家」「家族」がテーマとなりました。     


『同じ形の屋根があっても
     中の様子は全然違う
        屋根の色では解らない』     


『過ぎ去っていった事は当然のように過ぎ去ったまま
    永遠はいつも過去の中に
      屋根の下には生活があって
        屋根の数を飛行機が数えてく』
                 (劇中の台詞より)     


人の人生に触れるということは大変デリケートな作業となります。 
今回は特に、家族のお話ということで、踏み込んだお話をたくさん聞けました。   


人が生きるうえでは、楽しいことだけではなくいろいろなことがあります。 
大切な人との別れ、家族だからこそ生まれる悩み、自分のルーツについて。   

誰かの人生を肯定も否定もせず、俯瞰して物語に落とし込む行為。 白老町という人口17,000人ほどの町で、このようなエンターテイメントとも違う、抽象的な舞台芸術を実施できたというのも奇跡的なことだと思います。       



この後もまだまだ飛生芸術祭は続きます。 
明日には幻のお菓子をテーマに、白老町の賑やかな時代を振り返る朗読劇「雁月☆泡雪」 地域で様々な夜学を実施する「トビウ小7年2組」 TOBIU CAMPの時とは違い、ゆっくりとした時間が流れる「飛生の森の展覧会」 その他にもローズマリーノ、haku hostel +cafe bar、休養林、仙台藩白老元陣屋資料館で展覧会があります。   


詳しくはこちらをご覧ください。 


photograph yixtape
CLOSE