トピックス

TOPICS

飛生芸術祭10周年記念企画 「飛生に集まるアーティストたちの展覧会」 ー校舎修繕のためのチャリティーエキシビションー

「飛生に集まるアーティストたちの展覧会」 ー校舎修繕のためのチャリティーエキシビションー

5月3日から札幌のト・オン・カフェ/ギャラリーにてチャリティーエキシビションが開催されます!

飛生に集まるアーティストによる小作品を中心にした展示販売を行い、その収益を老朽化する飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)の校舎修繕にあてます。

会期:2018年5月3日(木・祝)~13日(日) ※期間中無休

時間:月〜土曜日10:30〜21:30/日曜日のみ10:30〜20:00

会場:TOOV cafe/gallery ト・オン・カフェ/ギャラリー

住所:064-0809 北海道札幌市中央区南9条西3丁目2-1 マジソンハイツ1階) 

主催:飛生アートコミュニティー

お問い合わせ:contact@tobiu.com

オープニングパーティー:5月3日(木・祝) 15:00 OPEN ~ 21:00 FIN 入場料1,000円(1ドリンク付き)

企画制作:飛生アートコミュニティー、TOBIU CAMP

協力:TOOV cafe/gallery

〈参加アーティスト〉
相川みつぐ
淺井裕介
ASAKO YOSHIKAWA
石川大峰
石川直樹
越後光詞
大友良英
OKI
勝見渥
カワジリ・リョウイチ
橘内美貴子
木野哲也
國松明日香
国松希根太
国松紗智子
小助川裕康
Gotch
佐藤史恵
陣内雄
高張直樹
瀧原祥
詫間のり子
田中照比古
富樫幹
飛兎カフェ
永田まさゆき
中村大史
内藤千尋
奈良美智
野本正博
ヒデミニシダ
羊屋白玉
日比野克彦
富士翔太朗
水野練平
森迫暁夫
GRAFFTEN
out woods
vue.小助川美雪

CLOSE

ダンスカンパニーOrganWorksによるダンス公演 飛生芸術祭「町の屋根」  

ダンスカンパニーOrganWorksによるダンス公演 
飛生芸術祭「町の屋根」   

たくさんの方にご来場いただき、たくさんの拍手の中で無事に終演いたしました。 
誠にありがとうございました。     

この作品は昨年度に引き続き、近隣住民の皆さんにお話を聞いて創り上げた作品です。 
昨年は「まちについて」の作品でしたが、今年は「家」「家族」がテーマとなりました。     


『同じ形の屋根があっても
     中の様子は全然違う
        屋根の色では解らない』     


『過ぎ去っていった事は当然のように過ぎ去ったまま
    永遠はいつも過去の中に
      屋根の下には生活があって
        屋根の数を飛行機が数えてく』
                 (劇中の台詞より)     


人の人生に触れるということは大変デリケートな作業となります。 
今回は特に、家族のお話ということで、踏み込んだお話をたくさん聞けました。   


人が生きるうえでは、楽しいことだけではなくいろいろなことがあります。 
大切な人との別れ、家族だからこそ生まれる悩み、自分のルーツについて。   

誰かの人生を肯定も否定もせず、俯瞰して物語に落とし込む行為。 白老町という人口17,000人ほどの町で、このようなエンターテイメントとも違う、抽象的な舞台芸術を実施できたというのも奇跡的なことだと思います。       



この後もまだまだ飛生芸術祭は続きます。 
明日には幻のお菓子をテーマに、白老町の賑やかな時代を振り返る朗読劇「雁月☆泡雪」 地域で様々な夜学を実施する「トビウ小7年2組」 TOBIU CAMPの時とは違い、ゆっくりとした時間が流れる「飛生の森の展覧会」 その他にもローズマリーノ、haku hostel +cafe bar、休養林、仙台藩白老元陣屋資料館で展覧会があります。   


詳しくはこちらをご覧ください。 


photograph yixtape
CLOSE