山下圭介

展示場所
飛生の森(新作)

美術家。1987年香川県生まれ。2016年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。2020年に北海道に移住後、江別市を拠点に制作活動を行っている。 日常における物と物の「間」や物の「余白」、「背景」など目で捉えることのできない事柄をモチーフに木、土、金属など用いて彫刻、絵画、インスタレーションなどの作品を制作している。

MESSAGE
初めて飛生の森に訪れた際、初めて訪れた場所にも関わらず、どこか懐かしく温かみのある場所のように感じました。その後、森づくりのメンバーとして飛生の森に何度も足を運ぶことで「ああ、ここは人と森が共存しているんだな」と気付き、次第に自宅に帰っても木々のざわめきや一緒に作業をした子ども達の声が、目を閉じるだけで聞こえるようになりました。
 最近はSNSなどの遠隔コミュニケーションの発達により、現地に訪れなくてもその土地の様子や人と触れ合うことができます。しかし、今回自分が気付いた事は、何度も足を運ぶことでようやく知ることができたものでした。自分のようなプロセスを踏むことは多くの来場者にとって難しいと思います。しかし、この体験を是非、味わってもらいたいという思いで、今回は作品を通してその経験を共有しようと考えました。「飛生の森を持ち帰る」というテーマをコンセプトに自宅に帰っても飛生の森に思いを馳せるようなシステムを提示できればと思っています。