mAsa niwayama

北海道室蘭出身。タイ在住の15年間、日本人DJとして常に第一線に居続ける。同郷のHIROO・NKchan等と主催するパーティー"GIANT SWING"にはタイ国内外から多くのアーティストを召集。タイと日本/世界を繋ぐキーマンとして存在感を放つ。 タイの民族音楽を世界的に広め海外からの注目度も高い、Maft SaiのZudrangma H.Q. Records Storeで店員をつとめた経験を活かしたワールドミュージックセットから、キャリア初期より続くハウス/テクノセットまで、操る音は幅広い。他のどの国よりもタイのフロアで過ごした時間が長い彼の感性は多くの決まりごとから自由で、たとえディープ寄りな選曲の中でもポジティブな姿勢を崩すことはなく、独特のリラックスした雰囲気であらゆる人種を惹き付けてやまない。 北海道から沖縄まで、ビッグフェスからアンダーグラウンドな小箱まで、様々な現場を巡るハードな日本ツアーをこなし、2016年は香港やベトナムでも"GIANT SWING"を開催するなど、逆輸入型DJとして着実に活動の幅を拡げる。現在は北海道に拠点を移し、独自の音楽探求を続けている。2016年にはレーベルMastered Hissnoiseよりミックス・テープ"UREI meets mAsa niwayama at OTOBOLA"をリリース。 


CLOSE
CLOSE