エレナ・トゥタッチコワ (Elena Tutatchikova)

1984年ロシア、モスクワ生まれ。モスクワでクラシック音楽や日本の歴史を学び、アーティスト、日本文化や視覚表現の研究者、翻訳家として活動を始める。2012年より日本へ渡り、東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻で学ぶ。自然と人間の関わりや文化的現象を通じた、人間の記憶の形成、想像力と風景認識の関係に関心を抱き、地域のフィールドワークを重ね、土地や個人の物語を採集し、写真、映像、音、文章で表現する。写真集に『林檎が木から落ちるとき、音が生まれる』(torch press、2016年)がある。近年の展覧会に、個展には「On Teto’s Trail」(Gallery Trax、山梨、2017)、「Hour of the Sheep, North Wind, Sunny」(STUDIO STAFF ONLY、東京、2017)、「In Summer: Apples, Fossils and the Book」POST(東京、2016)、フェスティバルには「茨城県北芸術祭」(2016)等がある。 

Born in Moscow, Russia in 1984. Lives and works in Tokyo. In her work, she focuses her interest in the connection between imagination, moving in the landscape and storytelling. She is also interested in how memories are created and transformed through cultural phenomena and the relationship between nature and man across different regions. Collecting regional and personal stories through locally conducted research, she composes installations using photography, video, sound and text.
CLOSE
CLOSE