Rempei Mizuno

白老町在住 アイヌ伝統工芸家
札幌大学卒業後、(財)アイヌ民族博物館に勤務、木彫りを始める。
(財)アイヌ文化振興・研究推進機構(現公益財団法人アイヌ民族文化財団)主催のアイヌ工芸作品コンテストにおいて、史上初の3年連続で優秀賞を受賞。 
2011年、史上最年少で同機構7人目となる伝統工芸家に認定される。
2016年、白老町に工房をオープン。現代的アレンジを排除した伝統的な工芸品を製作し続けている。 http://www.mizuno-rempei.com/
CLOSE
CLOSE