トピックス

TOPICS

「飛生に集まるアーティストたちの展覧会」及び「奈良美智+飛生アートコミュニティー キャラバントークツアー 2018 in HOKKAIDO」開催報告

5月3日から13日までの11日間、札幌のト・オン・カフェ/ギャラリーにて「飛生に集まるアーティストたちの展覧会」ー校舎修繕のためのチャリティーエキシビションーを開催しました。
数多くのアーティストの方々にご参加いただき、その作品の売り上げの80%を校舎修繕に充てる目的で作品展示販売を実施しました。
また、同時期に開催した「奈良美智+飛生アートコミュニティー キャラバントークツアー 2018 in HOKKAIDO」は、札幌会場(定員80名)、斜里会場(定員40名)が満席売り切れとなり、東川会場(定員200名)も155名の参加があり、トビウの活動を伝える事が出来、盛況に終えることが出来ました。心よりお礼申し上げます。 
 
今回の収益のご報告です。
早速、校舎修繕する内容を検討し、今年の飛生芸術祭までに来場者が快適に使用できること(トイレや水回りなど)を中心に修繕を始めていきたいと考えています。

チャリティー総額:1,895,909円
<内訳>
●キャラバントークツアー、チケット売り上げ:258,225円(275枚 ※手数料除く)
●作品売り上げ合計:591,576円
●物販売り上げ合計:272,709円
●チャリティ募金箱・寄付金・入場料合計:473,399円
●カスタネット×トビウ×奈良美智コラボTシャツ(200枚):300,000円

※上記より、キャラバントークツアー会場費、移動費、滞在費、作品郵送費などが差し引かれます。

たくさんの皆様のご参加、まことにありがとうございました。
集まった皆様からの資金は、校舎修繕、そして飛生へいらっしゃる皆様のために環境改善へと使わせていただき、これからも永く活動を継続していきたいと思います。
 
 
このチャリティ展とキャラバントークツアーのアイディアは、昨年の飛生芸術祭の終了後に奈良美智さんが「やってみたら良いのでは?」という一声があり実現につながりました。
背中を押してくれた奈良さんには感謝です。
また、会場提供など多くの方々の協力があり、達成出来ました。この場を借りて感謝致します。
 
集計に少し時間がかかり御礼の挨拶が遅くなりましたことをお詫び致します。
 
今後ともトビウへのご理解ご協力をお願い致します!
ありがとうございました。

CLOSE

「トビウ」ロゴ完成のおしらせ

飛生芸術祭は、今年で10年目を迎えます。

10周年の節目に、新たに「トビウ」ロゴが完成しました。
飛生という地名が、さらにみなさまにとって身近な存在になるような、そんな想いをこめて、この度誕生しました。

飛生芸術祭に関わるスタッフ・アーティストで公募を行い、今年の飛生新年会で皆で投票をし、決定しました。飛生という場所で、飛生の皆で、選んだこのロゴは、これから様々な場所で登場していきます。

ロゴデザインは、TOBIU CAMPのフライヤーアートワークを担当している「相川みつぐ」氏によるものです!(投票で選ばれてから、作成者の名前を発表した際には会場で歓声がおきました!笑)

新しく登場しました「トビウ」ロゴ、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
CLOSE